本日行われました『清水エスパルス 2020シーズン新体制発表記者会見』でのコメントおよび配布資料につきまして、下記の通りお知らせいたします。
2020シーズン 新体制発表記者会見 出席者コメント

≪新社長、新ゼネラルマネージャー コメント≫
山室晋也 代表取締役社長
「前職はプロ野球球団ということで、基本的には同じスポーツエンターテインメントビジネスであり、勘所はそれなりに分かっていると思っています。スポーツが持っている勇気や感動、生きる力を生み出して、多くの人に勇気や感動を届けて、静岡、サッカーファン、スポーツファンを元気にしていくことがミッションだと思っています。そして同時に、より大きなビジネスを展開していくことを目指していきたいと思っています。
静岡に来てまだ数日ですが、この地域のサッカーを愛する人の多さ、サッカー熱の高さには驚かされている次第です。静岡学園が優勝しましたが、これを機に静岡を復活させるためには、何としてもエスパルスが優勝するしかないと意気込んでおります。必ずや優勝できるチーム、強いクラブを実現すべく精一杯取り組んでいきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします」

大熊 清 ゼネラルマネージャー
「今回、ピータ-クラモフスキー監督を招聘し、新たな出発をするということで、皆様にもご支援をお願いしたいと思っております。就任して仕事がある中で、監督と2人で話をする機会がありました。F・マリノスの2年間であれだけのチームと礎を作り、優勝させるということは、この世界では簡単ではありません。切り替えや球際を厳しくというサッカーの本質はもちろんのこと、選手を掛け算で攻守に活かす発想、また信念というものを感じました。補強についても揺るがないものがあります。それもF・マリノスが優勝した裏付けであると思います。そこの共通点を上手く見出して、強いチームを作る作業を加速しているところです。正直、少し出遅れた部分もあるのかもしれませんが、安易に妥協するよりもコミュニケーションを取りながら、強いチームを作るためにしっかりお互いの仕事をしていきたいと思っております。
また、少なからずサッカー界にいる中で感じていることは、今はチーム力ではなくてクラブ力の時代に入っていると思っています。且つクラブ力を超えて仲間のファミリー力を結集して、強いチームを作っていけたらと思っております。それと同時に、Jリーグの理念である地域に根差した活動もしていきたいと思います。それには皆様のご支援が必要不可欠であります。今後とも清水エスパルスをよろしくお願いいたします」

≪新監督、新加入スタッフ コメント≫
ピーター クラモフスキー 監督
「こんにちは。この静岡の街で暮らせて光栄です。この街はたくさんの勝利の歴史があります。しかし、長い間、喜ぶ機会がない状態です。私がここへ来たのは、クラブをチャンピオンにするためです。(※日本語で)
我々は攻撃的で、そしてアグレッシブな速いサッカーというものを目指しています。それは、得点をするというメンタリティを元にプレーしていきます。そして、我々のチームを見た時に、ファン・サポーターがワクワクして誇りに思えるようなチームにしていきたい。そして、毎日チャンピオンのように練習し、毎日自分たちが上手くなれるようにチャレンジしていいたい。そして毎週、サポーターの皆さんの応援が必要です。ガンバリマショウ」

平岡 宏章 コーチ
「昨年までユースの監督をさせていだきました。長い間、育成年代をやってきましたが、そこをストロングとして、新たな気持でピーター監督が目指すアタッキングフットボールを実現できるよう、しっかりとサポートしていきたいと思います。今年1年よろしくお願いします」

今矢 直城 コーチ
「始動日は明日なのですが、今から待ち遠しくて楽しみな気持ちでいるのが正直なところです。自分はクラブのため、選手のためにできることを日々考えながら、監督をサポートすることもそうですけど、サポーターの皆さんが、毎試合毎試合スタジアムに来ることが待ち遠しくて、楽しみでしょうがないというチームにしていければと思っています。今シーズンよろしくお願いします」

アダウト GKコーチ
「2017年のシーズン途中までトップチームのGKコーチをさせていただきましたが、病気により、チームら離れることになりました。その時は、色々と辛い思いもありましたが、そういうことがあったからこそ、自分が人間として、指導者として前よりも成長できていると思います。このクラブでもう一度仕事ができることを心から感謝していますし、本当に嬉しく思っています。
もう一つは、自分がこのクラブにいられるのは大榎さん(大榎克己強化部部長兼清水エスパルスフィロソフィー作成チーフ)と、伊達さん(伊達倫央育成部部長)のおかげだと思っています。また平岡さん(平岡コーチ)にはユースに受け入れてくれて、2年間とても幸せな時間を過ごすことができました。これから長いシーズンになりますが、皆さんのご協力もよろしくお願いします」

安野 フィジカルコーチ
「とても歴史のある、素晴らしいクラブで働かせていただけることを光栄に思います。ピーター監督とは2年間、横浜FMで一緒にやらせてもらいましたが、非常に強度の高い、また魅力的なサッカーを展開します。私の立場としては、多くの選手がピッチに立ってトレーニングができるようにする。今、持っている能力を最大限に生かせるように、さらに成長できるように強くしていくということが私の主な仕事になりますので、できるだけ多くの選手がフィールドで活躍できるように、スタッフ、選手一丸となってピーター監督を支えたいと思います。今シーズンよろしくお願いします」

◆森脇瑞貴 分析担当 
「自分の仕事は映像を通じてのサポートになりますが、監督が目指すサッカーを実現できるように全力でサポートしたいと思います。よろしくお願いします」

≪新加入選手コメント≫

奥井 選手
「大宮アルディージャより移籍してきました奥井諒です。90分間の中で一生懸命に戦う姿勢が持ち味だと思いますので、チームのために特徴であるハードワークを出したいと思います」

後藤 優介 選手
「大分から移籍してきました、後藤優介といいます。チームのためにしっかりやりたいと思います。自分の特徴は、ボールの無い時の動き出しだと思っています。そこを出せていければ、ボールは来ると思っているので、そこを磨きたいと思います。よろしくお願いします」

栗原イブラヒム ジュニア 選手
「三菱養和から来ました栗原イブラヒムジュニアといいます。プロ1年目ですが、試合に絡めるよう頑張ります。自分は体が大きいので、ゴール前でポイントになるような、またゴール前でなくても攻撃に関わってチャンスを演出することを持ち味としているので、「ここに上げればジュニアがいる」という感じになればと思います。よろしくお願いします」

鈴木 唯人 選手
「市立船橋高校からきました、鈴木唯人です。攻撃の時のアイデアや、視野の広さが売りだと思っているので、ボールを持った時を注目してもらえたらと思います。一生懸命頑張ります」

川本 梨誉 選手
「ユースから昇格した川本です。自分の特徴は、守備での献身性だったり、前への推進力を見てもらいたいので、そこを出していきたいです。お世話になっているエスパルスに結果を出して恩返しができるよう頑張ります」

ノリエガ エリック 選手
「ノリエガ エリックです。ユースから昇格しました。ヘディングや守備、そこでのコミュニケーションを見てもらいたいです。頑張ります」

2020クラブスローガン

エスパルスはいま、勇気が試されている。
「変わる!」という勇気だ。
これまで積み上げてきた歴史の重みを大事にしつつ、
真っ直ぐ前を向いて新しい時代をつくるために。
変化を自らの力で起こして、これまでにない進化を目指せ。
アイデンティティであるエンブレムをアップデート。
クラブもチームも新しく生まれ変わるシーズン、
エスパルスを再形成するのは、いまだ。

RE-FRAME

過去の枠にとらわれない、輝く未来を形づくるクラブチームへ。
強いエスパルスこそが、王国静岡を蘇らせる。
変貌したエスパルスが、2020シーズンを動かす。

2020シーズン スタッフ一覧・2020清水エスパルス所属選手リスト

以下URLよりご覧ください。
https://prtimes.jp/a/?f=d38823-20200114-5458.pdf