シネマディスカバリーズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:福島亨)は、2020年4月下旬、インディペンデント映画の定額配信サービス「Cinema Discoveries」(シネマディスカバリーズ)をローンチします。製作費を一部調達し、映画ファンの皆様との関係を築くため2月13日より、クラウドファンディングサイト「READY FOR」で、100万円を目標に資金集めを開始いたします。

 

 

●「名作」が埋もれてしまうインディペンデント映画市場
2019年の国内映画市場は過去最高となる2,611億円に達しましたが(出所:日本映画製作者連盟)、その8割以上は大手映画会社が作る全体の15%程度の作品に偏っています。小規模で作家性の高い「インディペンデント映画」については、上映機会が限られ、発信力の弱さもあって「名作」が知られることなく、埋もれてしまいます。作り手にとっても資金回収が難しく、映画ファンにも存在を知られることもないまま、映画文化のすそ野が狭まっていく悪循環に陥りがちでした。

●『カメ止め』で新たな流れ、作り手とファンを「つなぐ」チャンス
しかし、2018年にミニシアターから火がついた『カメラを止めるな!』(カメ止め)が異例の大ヒットを記録し、インディペンデント映画への関心が高まってきました。この流れをさらに後押しすべく、「一部の映画ファンにしか知られていない作品」と、「知る人ぞ知る名作を探しているファン」をつなぐ、出会いの場を作ります。

●「第2のカメ止めはどれか?」 プロのライターの推薦で会員が名作を「発見」
とはいえ、あまたある作品からダイヤモンドの原石を探すのが難しいことも、インディペンデント映画の敷居を高くしていた原因です。そこで映画ライターなどのプロが「知られざる名作」を推奨し、会員がプロの目利きを参考にして作品を鑑賞します。中期的には、ミニシアターと連携しオリジナル作品の製作・配給も計画しており、作り手、視聴者、シアターがリアルとネットを往来するエコシステムを確立します(図参照)。

視聴者は月額1100円(税込)で契約。制作者側に再生回数に応じて利用料を支払う仕組みです。映画ライターによる作品レビューや見どころ、監督インタビューによる制作秘話など、知られざる名作の情報にも触れられます。

<本サービスが目指す映画文化のエコシステム>

 

●クラウドファンディングで資金調達。ファンとともに作る新事業
ネット時代の映画サービスらしく、新サービスは、映画ファンの皆さまと手を携えてローンチを目指します。10万円の大口購入者は永年会員資格付与など、“創業の同志”として参加いただきます。
URL:https://readyfor.jp/projects/CINEMADISCOVERIES

<当社について>
(社名)シネマディスカバリーズ株式会社(所在地)東京都千代田区神田多町2-1神田東山ビル7F(設立)2019年12月(資本金)300万円(事業内容)コンテンツ配信プラットフォームの運営(代表取締役)福島亨(ふくしま・とおる)
※代表取締役の略歴:1976年生まれ。早稲田大学卒業後、CM制作会社勤務を経て2013年に株式会社ストライプアンプを設立。CMやネット動画の制作を行う。

お問合せ先 シネマディスカバリーズ株式会社  担当:福島 080-1113-7271
e-mail:info@cinemadiscoveries.co.jp