Canadian Football League (以下、CFL)は、3月25日(水)~28日(土)に、カナダ・トロントにて開催する「CFLコンバイン」に招待する選手を発表。

この発表は第1弾としており、1月から北米以外の8か所で開催されたCFLグローバル・コンバインに参加した選手の中から合計24選手が選出された。日本からは、コンバイン開催当日に招待された李卓(オービックシーガルズ)と町野友哉(京都大学)のほかに、近江克仁(IBMビッグブルー)、高谷亮太、山岸明生(いずれも富士通フロンティアーズ)の3選手が加わり、合計で5選手が招待された。

「この最初のグループのアスリートたちの能力と、彼らの競技に対する情熱に、非常に感銘を受けました」「カナダおよび米国以外のプレイヤーが、私たちのリーグに出場することは、CFL 2.0戦略の中核と言えます。グローバル・コンバインツアーが今後行われる残りの開催地でも、さらに優れたアスリートに会えることを楽しみにしています。」と、CFLの最高財務責任者兼フットボールオペレーションの責任者であるグレッグ・ディック氏はコメントした。

CFLグローバル・コンバインは、これまでにフィンランド、スウェーデン、フランス、イタリア、イギリス、ドイツ、日本(関東・関西の2地区で開催)で行われ、この後、デンマーク、ブラジル、メキシコで開催されます。全日程の終了後に、CFLコンバインに招待されるプレイヤーの全リストが発表される。

CFLコンバイン後の2020 CFLグローバルドラフトは、4月16日(木)に開催される。

今後の予定

3月25日~28日 CFLコンバイン  カナダ・トロントにて開催
4月16日 CFLグローバルドラフト
5月13日~ CFLチーム練習地にて、練習開始
6月6日 Active /Practice Roster決定
6月11日〜10月31日 2020 Regular Season
11月22日 The 108th Grey Cup

CFL(Canadian Football League)

CFLは、1958年に開始されたカナディアンフットボールの最高峰のプロリーグ。全部で9チームが加盟しており、東西のディビジョンに分かれている。毎年6月中旬からシーズンが始まり、11月下旬に終了する。決勝戦のGrey Cupは100年以上の歴史を持ち、カナダでも大きなスポーツイベントのひとつとなっている。
カナダで行われているカナディアンフットボールは、アメリカンフットボールといくつかの点で異なるが、防具をつけての競技であること、基本的なルール、フィールドの仕様等、多くの類似点があり、アメリカンフットボールとカナディアンフットボールを総称して、Gridiron Footballとも言われている。CFLは、Gridiron Footballにおいて、アメリカのNFLに次ぐ、2番目に規模の大きいプロリーグ。またCFLは、カナダ国内では、アイスホッケーリーグに次ぐ2番目に人気の高いプロスポーツリーグ。
CFLはさらなる成長に向けて国際化を推進し、北米以外の国からの選手のリーグ参加を促しており、日本のXリーグだけではなく、すでにオーストリア、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、イタリア、メキシコ、ノルウェー、スウェーデンとのパートナーシップを締結している