株式会社インクルードが運営するコワーキング&シェアオフィス「Connecting The Dots」(コネクティング・ザ・ドッツ)では、今後長期化が考えられる、Withコロナ時代の働き方として、新たなワークスペースソリューションをご提供。場所をシェアする従来のコワーキングとシェアオフィスに加え、貸し会議室をリニューアルしたオフィス仕様の空間を時間単位で利用ができる新サービス「スポットオフィス」を2020年7月より開始します。

スポットオフィス ロゴ

在宅勤務やリモートワークが増えていく中、多様なワークスペースを考えていく必要があります。過剰過大なオフィス空間が見直されつつも、全てが自宅とカフェでこなせるわけではありません。そこで、従来の賃貸オフィスが面積による貸し借りが行われるなか、時間単位で自分専用オフィスとして利用ができる「スポットオフィス」サービスを新たにご提供します。

【「スポットオフィス」サービスの特徴】

■ダウンサイジングではない、新発想のオフィスのカタチ

1人からでも使える、仕事のために整えられたオフィス空間を時間単位でシェア。業界初の新たなソリューションをご提供します。

■座りながら運動ができるバランスボールチェア「ing」を導入

デスクワークの運動不足解消にもなる、話題のバランスボールチェア「ing」を導入。

長時間座っていても体がラク。また、座面を揺らすことで座りながらカロリーを消費できます。

さらには、揺れによるリズムが有用なアイデアの発想数を高めます。(一部 KOKUYO ホームページより抜粋)

■落ち着いて仕事に集中できるツールが完備

部屋の中には、65インチモニタ(Airplay対応)をはじめ、ホワイトボード、インクジェット複合機(Airprint対応)と、落ち着いて仕事に集中できる様々なツールをご用意。また、新型コロナウイルス感染予防対策として、机上を仕切る透明なアクリルパーテーションも設置しています。

■チームでつながるに最適化したオンライン会議環境「Zoom rooms」(7月15日スタート)

Withコロナ時代の働き方の、オンライン会議必須ツール「Zoom」にも対応。

65インチの大型モニタに広角高解像度のWebカメラを導入し、最適なオンライン会議環境「Zoom rooms」をご提供します。(7月15日スタート)

【「スポットオフィス」サービスの活用例】

・1人で書類を広げ、考えにふける

・少人数の対面作業でアイディアを練る

・遠隔のチームとZoomミーティング

【Connecting The Dotsについて】

「Place for yours.」をブランドステートメントとして掲げ、渋谷・代々木にてコワーキングスペース&シェアオフィスを運営。累計登録会員数は7900人(2020年7月現在)を超え、たくさんのクリエイターが集まるスペースに成長しました。無料で起業や経営相談にも応じてくれる弁護士・税理士も在籍しており、スタートアップや起業する方々を応援しています。住所や登記もできるシェアオフィス以外にも、貸し会議室、イベントスペースも提供し、個人法人問わず、仕事やライフワークの活動拠点として利用されています。