株式会社ビジネス社(東京都新宿区 代表取締役:唐津隆)は、新刊書籍『日本人が知らない朝鮮半島史 韓国と北朝鮮ーー「反日」の源流』を2020年6月2日に発売いたしました。ぜひ、貴メディアにてご紹介いただけますと幸いです。

歴史がわかれば、未来が見える! 「反日」のワケは歴史にある
◎「稲作」の技術は、本当に朝鮮半島から伝わったのか・・・?
◎百済首脳のふがいなさに、ほとほと呆れた日本人将軍
◎東アジアの危機的状況下で、国書を拒否した大院君
◎「自主独立」の意味を理解しなかった李氏朝鮮
◎「韓国併合」によって、朝鮮半島の人口は約2倍に!
◎韓国は神聖視し、北朝鮮は否定する「3.1運動」
◎国際条約を無視する韓国 etc.

◆目次
□第一章 日本と朝鮮半島(1)【古代~近世】韓国と北朝鮮ーー「反日」のワケは歴史にある
□第二章 日本と朝鮮半島(2)【幕末~韓国併合】朝鮮半島を助けざるを得なかった日本
□第三章 日本と朝鮮半島(3)【3.1運動~現在】失われたアイデンティティを探し続ける人々
□第四章 日本と韓国【現代】 韓国に悩まされる日本
□第五章 日本と北朝鮮【現代】北朝鮮に脅かされる日本
□第六章 アメリカと朝鮮半島【現代】なぜアメリカは朝鮮半島にこだわるのか?
□第七章 日本と朝鮮半島(4)【現在と未来】近くて、遠い隣人・韓国&北朝

著者: ギルバート,ケント
1952年、アメリカ合衆国アイダホ州に生まれる。カリフォルニア州弁護士、経営学修士(MBA)、法務博士(ジュリスドクター)。1970年、ブリガムヤング大学に入学。翌1971年に宣教師として初来日。その後、国際法律事務所に就職し、企業への法律コンサルタントとして再来日。弁護士業と並行してテレビに出演。2015年、アパ日本再興財団による『第8回「真の近現代史観」懸賞論文』の最優秀藤誠志賞を受賞。著書には、2017年売上No.1新書に輝いた『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』(講談社+α新書)など

(著者)ケント・ギルバート
(価格)1400円+税
〈発売日〉2020年6月2日
〈出版元〉ビジネス社