六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治 阪神電気鉄道株式会社100%出資)は、現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」を2020年9月12日(土)から11月23日(月・祝)に開催します。

六甲山上を舞台に展示される数々のアート作品をハイキング気分で周遊しながら楽しめる現代アートの野外展覧会です。

今年度は過去最多となる44組のアーティストが出展する他、サテライト会場として有馬温泉エリアや、サテライト展示をJR新神戸駅にも設けます。オープンエアな環境のなか、ハイキング気分で様々なジャンルのアートに身近に触れていただけます。

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020 開催概要

【会期】9月12日(土)~11月23日(月・祝)※休業日9月17日(木)、24日(木)

【開催時間】10時~17時 ※会場により一部異なる、17時以降も鑑賞できる作品あり

【会場】全12会場

六甲ケーブル(六甲ケーブル下駅・山上駅)、天覧台、六甲山サイレンスリゾート(旧六甲山ホテル)、記念碑台(六甲山ビジターセンター)、六甲オルゴールミュージアム、六甲高山植物園、六甲山カンツリーハウス、六甲ガーデンテラスエリア、自然体感展望台 六甲枝垂れ、六甲有馬ロープウェー 六甲山頂駅、グランドホテル 六甲スカイヴィラ、風の教会エリア

サテライト会場:有馬温泉エリア サテライト展示:JR新神戸駅

関連展示: TENRAN CAFE、グラニットカフェ、ホルティ

【招待アーティスト】全28組

アナ・シリング、アレクサンダー・ボール、内田望(うちだのぞむ)、木村剛士(きむらたけし)、C.A.P(きゃっぷ).特定非営利活動法人 芸術と計画会議(とくていひえいりかつどうほうじんげいじゅつとけいかくかいぎ)、久保寛子(くぼひろこ)、コリー・フラー、シュタイナッカー / ヴィラント、スザンネ・カタリナ・ヴィラント、田岡和也(たおかかずや)、高(※1)橋生也(たかはしいくや)、高(※2)橋匡太(たかはしきょうた)、竹内(たけうち)みか、谷澤紗和子(たにざわさわこ) × 藤野可織(ふじのかおり)、中村萌(なかむらもえ)、林和音(はやしかずね)、久松知子(ひさまつともこ)、伏見雅之(ふしみまさゆき)、史枝(ふみえだ)、フランツィスカ・フォン・デン・ドリーシュ、前田耕平(まえだこうへい)、マギー・ラプアノ、MATHRAX(ますらっくす)〔久世祥三(くぜしょうぞう) + 坂本茉里子(さかもとまりこ)〕、松本(まつもと)かなこ、マリオン・ボーゼン、ムットーニ、山城大督(やましろだいすけ)、ヨハネス・エルマー

【公募アーティスト】全16組

IVAAIU CITY(あいぶいえいえいあいゆうしてぃ)、あとりえナカムラ、上坂直(うえさかなお)、大阪府立天王寺高等学校美術部(おおさかふりつてんのうじこうとうがっこうびじゅつぶ)、大野光一(おおのこういち)、KIMU(きむ)、CLEMOMO(くれもも)、小林夏音(こばやしなおと)、田羅義史(たらよしふみ)、土井満治(どいみつはる)、中村邦生(なかむらくにお)、灰野(はいの)ゆう、早崎真奈美(はやさきまなみ)、兵庫教育大学(ひょうごきょういくだいがく)ひょうごもんプロジェクト研究会(けんきゅうかい)、松本千里(まつもとちさと)、宮木亜菜(みやきあな)


六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020~おすすめ10ポイントをご紹介~

(1)オープンエアな環境でゆっくりとアート作品を楽しめます

自然に囲まれた環境で開放感溢れる六甲山では、各会場間の徒歩移動を推奨しており、ハイキングコースを散策しながら密を避けて芸術鑑賞を楽しむことができます。またハイキング気分で周遊できるおすすめプランを始め、女子旅、写真好き、ファミリーなどタイプ別のモデルコースをWebサイトで紹介しています。( https://www.rokkosan.com/art2020/

(2)過去最多となる出展アーティスト

本年は、招待と公募によって選出されたアーティスト総勢44組となり、昨年の42組を更新し過去最多の出展アーティスト数となりました。

【出展アーティスト】

竹内みか、谷澤紗和子×藤野可織、久松知子、史枝、MATHRAX〔久世祥三+坂本茉里子〕、ムットーニ 他全44組

※全アーティスト詳細は【参考資料】参照

(3)過去最多の会場数/新会場追加

(3)-1六甲山サイレンスリゾート(旧六甲山ホテル)を新会場に!

“阪神間モダニズム”を象徴する歴史的建造物である「旧六甲山ホテル」の旧館を修復し活用した施設「六甲山サイレンスリゾート」が会場に加わりました。クラシカルモダンな雰囲気を残した空間で、同会場では立体造形アーティストとして活躍している中村萌氏をはじめ、4組の招待作家の作品を展示します。

(3)-2有馬温泉エリアをサテライト会場に!

神戸市有数の2つの観光スポットは六甲有馬ロープウェーを使って約12分(車で30分)で行き来でき、気軽にそれぞれのエリアの魅力が楽しめる、ぜひ同時に訪れてほしいスポットです。

造形作家として活躍している木村剛士氏、久保寛子氏を始め、チョークアーティストとして海外でも活躍している松本かなこ氏の作品を有馬温泉エリアの6カ所で展示予定です。

(3)-3JR新神戸駅にサテライト展示!

昨年の六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019で「神戸市長賞」を受賞した前田耕平氏による立体造形のインスタレーション作品をJR新神戸駅にて展示いたします。

(4)安藤忠雄「風の教会」限定公開~山城大督の作品展示~

「風の教会」は1986年に竣工し、大阪府の「光の教会」、北海道の「水の教会」からなる教会3部作のうち、安藤忠雄が最初に設計したものです。2018年の本展開催時には延べ30,000人の来場があった注目の会場です。

今年は、気鋭の美術家、山城大督の作品を展示します。

(5)国際交流プロジェクトによるドイツからのアーティスト8組出展

C.A.P.(特定非営利活動法人 芸術と計画会議)と、六甲山上での海外交流アートプロジェクトを共同で実施することとなり、今回は新たにドイツ・ブレーメンで活動するギャラリー・ヘロルド所属のアーティストを8組神戸に迎え、作品展示を行います。ドローイングや版画、刺繍、動画の作品など海外アーティストの作品に多く触れていただける機会です。

【C.A.P.との国際交流事業でドイツから招聘予定のアーティスト】

アナ・シリング、アレクサンダー・ボール、シュタイナッカー/ヴィラント、

スザンネ・カタリナ・ヴィラント、フランツィスカ・フォン・デン・ドリーシュ、

マギー・ラプアノ、マリオン・ボーゼン、ヨハネス・エルマー

※マギー・ラプアノは「六甲スカイヴィラ迎賓館」、他は「六甲ケーブル山上駅」に展示予定。

(6)「C.A.P.」出展プロジェクト「六甲イカスヴィラ」

地元、神戸でアート活動に取り組むC.A.P.(特定非営利活動法人 芸術と計画会議)の出展が決まりました。会場の一つである「六甲スカイヴィラ」の展示エリアを一部拡げ、2010年12月末以来遊休化していた5階建ての宿泊施設(迎賓館)の一棟全体を「C.A.P.」関連アーティストの作品展示スペース「六甲イカスヴィラ」として使用します。

〔参加メンバー〕浅山美由紀、David ATWOOD、Mark ANDREAS、池原悠太、上岡雄貴、

大塚奈緒子、紙野永子、川口奈々子、河村啓生、國久真有、サイトウヒデ、櫻井類、

Sebastian ZIEGLER、柴山水咲、城野いつこ、竹中吉彦、築山有城、なかむらゆきこ、

鳴海健二、Tom BURTONWOOD、Jack BALANCE、Jip de BEER、Holly HOLMES、

Jenny MILD、マスダケイコ、マスダマキコ、Katrin von MALTZAHN、美馬美穂、

八木淳一、山下和也、吉澤佑樹

本展では関連作家含め上記31名が作品展示に参加予定です。

(7)ザ・ナイトミュージアム~夜の芸術散歩~を開催

(夜間限定イベント)

夕刻から期間限定で特別開園を行います。季節の変化と共に

色を変える紅葉をライトアップする他、夜間限定のアート作品を

展示するなど“夜の芸術散歩”を楽しむことができます。

【期間】

(1)10月17日(土)・18日(日)・24日(土)・25日(日)、31日(土)

(2)11月1日(日)~23日(月・祝)までの毎日【計28日間】

【時間】月~金~18:30(18:00受付終了)

土・日・祝 ~19:30(19:00受付終了)

※六甲ガーデンテラスでは~21:00、自然体感展望台六甲枝垂れでは~21:00(最終受付20:30)まで鑑賞可能。

【場所】六甲オルゴールミュージアム、六甲高山植物園、六甲ガーデンテラスエリア

【料金】「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020鑑賞パスポート」か、各施設の入場券で観賞可能。

(8)「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020」オフィシャルツアーを開催

神戸三宮・新神戸駅と六甲山を結ぶ便利な観光バスで、六甲山上の展示作品をキュレーターの解説を聞きながら、ハイキング気分でめぐります。10月4日(日)、18(日)の2日間限定で、総合ディレクター高見澤清隆が同行して作品を解説します!

【期間】2020年10月3日(土)~18日(日)の土日、11月21日(土)~23日(月・祝)

9:15~17:00※雨天(小雨)決行

【料金】11,000円(旅行代金)

7,150円(Go Toトラベル事業支援対象のお客様/お支払い実額)

【予約】WEB申込 https://www.rokkosan.com/tabi/

(9)秋限定グルメ&スイーツが登場

各料飲店舗では、アート鑑賞と共に楽しむことができる、秋にちなんだグルメやスイーツをご用意しています。

(10)神戸の老舗ベーカリー「ケルン」とのコラボサンドを販売

地元神戸で愛され続けるベーカリー、株式会社ケルンと共同開発したコラボサンドイッチを限定販売します(企画:株式会社神戸デザインセンター)。

現代アートを通じて神戸 六甲山の魅力を知っていただきたいという想いが込められた本展覧会で、今年は地元神戸の食材も取り入れたメニューも楽しんでいただきたいと企画しました。

また、コロナ禍での開催ということもあり、野外に展示された作品を巡りながら味わえるテイクアウト可能なメニューにこだわりました。

■『六甲ミーツ・アート 芸術散歩2020』開催概要

※2020年9月11日(金)現在の情報です。変更が生じた場合はwebサイト( https://www.rokkosan.com/art2020/ )で発表します。

【料金】

6つの有料会場をお得に巡ることができる「鑑賞パスポート」を発売

※大人(中学生以上)、小人(4歳から小学生)、小児(6歳以上12歳未満)

※【鑑賞パスポート代金 + 乗車券付】:鑑賞パスポートと、六甲ケーブル往復と六甲山上バス(2日間有効)乗り放題(大人1,370円/小児690円)がセットになったお得なパスポートです。2日間有効。ただし、ケーブルカー下り利用後は同じ券で六甲山上バスは利用できません。

※当日パスポート+乗車券付のチケットはe+(イープラス)、チケットぴあ、JTBレジャーチケット、PassMe!のみで販売。

【パスポート特典】

・有料会場(自然体感展望台 六甲枝垂れ、六甲山カンツリーハウス、六甲高山植物園、

六甲オルゴールミュージアム、風の教会、六甲山サイレンスリゾート)に、会期中各1回ずつ入場いただけます。

・各施設に通常入場した場合大人3,960円、小人2,640円になるため大変お得なパスポートです。

・入場当日は再入場可能です。また、会期中であれば日を分けてご利用いただけます。

【主催】

六甲山観光株式会社、阪神電気鉄道株式会社

【総合ディレクター/キュレーター】

高見澤清隆 六甲山観光株式会社 シニアディレクター

■会場とロケーション

「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」は、六甲山上の観光施設を主な会場としています。六甲山の自然とアート作品を楽しみながら、オルゴールの澄んだ音色や高山植物園の紅葉など個性的な施設それぞれの魅力もお楽しみいただけます。各会場は、六甲山上バス(路線バス:有料)の他、徒歩での移動も可能です。

■作品イメージ

六甲山のエリア特性をじっくりと読み込み、自然や景観、歴史を採り入れた作品を各会場に展示します。

■公募作品の最終審査(2次審査)、賞の選出について

公募入選作品は作品の完成後、2020年9月10日(木)に改めて審査員が2次審査を行い、「六甲ミーツ・アート 公募大賞」グランプリ、準グランプリ、奨励賞を決定し、翌9月11日(金)に発表いたします。受賞者には副賞として賞金の授与も行います。

◆六甲ミーツ・アート 公募大賞

グランプリ 1名 賞金100万円

準グランプリ 1名 賞金30万円

奨励賞 1名 賞金10万円

◆企業・団体が選出する賞

・神戸市長賞 

1組賞金30万円(対象:公募入選作品)

1組賞金20万円(対象:招待アーティストの作品)

・有馬温泉 太閤の湯賞 1組賞金10万円(対象:全作品)

提供:株式会社有馬ビューホテル

・兵庫宅建ハトマーク賞 1組 賞金 10万円 (対象:公募入選作品)

提供:一般社団法人 兵庫県宅地建物取引業協会

・FM802賞 1組 「UNKNOWN ASIA 2021」ゲストアーティストの選出(対象:公募入選作品)

提供:株式会社FM802

・主催者特別賞 1組 賞金10万円(対象:招待アーティストの作品)

提供:六甲山観光株式会社

〈来場者の投票で決定する賞〉※来場者による投票は10月25日(日)まで行います。

六甲ミーツ・アート オーディエンス大賞

「六甲ミーツ・アート オーディエンス大賞」は、招待アーティストを含む全出展作品を対象に、来場者の投票で以下の賞を選出します。発表は10月29日(木)に行います。

・グランプリ 1名(賞金50万円)

・準グランプリ 1名(賞金20万円)

・第3位 1名(賞金10万円)

提供:一般社団法人 兵庫県宅地建物取引業協会

※最新情報については、決まり次第、随時webサイト( http://www.rokkosan.com/art2020/ )で発表します。

※荒天時および新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、施設が休業する場合や、展覧会内容を変更・中止する場合があります。また、感染防止のため最新の情報はHPでご確認ください。

又、お客様、アーティスト、従業員他、関わる全ての皆様の安全のためのご協力をお願いいたします。

参考資料:https://www.atpress.ne.jp/releases/226450/att_226450_1.pdf

(※1)高ははしごだか

(※2)高ははしごだか

六甲山ポータルサイト https://www.rokkosan.com

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/68977af5152fb8b4ff4b6d9a032c259f1ecbcf47.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス

    大阪市北区芝田1-16-1