「日経クラウドファンディング未来ショッピング 
GRUNBAG Alden 日本発売記念プロジェクト」先行特典キャンペーン実施中!

GRUNBAG JAPAN(運営:有限会社ステップファクトリー 東京都新宿区)は、「エコロジー×クリエイティブ×Bag」の3つのポイントを持ち合わせた北欧デンマーク発サステイナブルバック GRUNBAG(グリュンバック)のクラウドファンディングキャンペーンを「NIKKEI STYLE 未来ショッピング」にて3月1日(月)より開始しました。

画像挿入_TOP イントロ

■What GRUNBAG

「GRUNBAG」(グリュンバック)は、再利用可能な素材からハイクオリティなバックを製作し、ごみの削減と捨てられるものの利用価値の考え直しを目指しています。実際に、私たちが「GRUNBAG」の製作に用いる材料のほとんどがリユース素材を用いており、サステナビリティの想いをバックの中に組み入れるべく、ゼロウェイストアプローチを会社に取り入れるために一生懸命取り組んでいます。私たちの継続的な焦点は、スクラップを再利用し、廃棄物の生成を防ぐための新しい創造的な方法を見つけることです。

また、「GRUNBAG」の人気は今や北欧だけにとどまらず、ビーガンや環境問題に関心のあるインスタグラマーなどから支持され、北米や東南アジアにも徐々にその広がりを見せています。

▼GRUNBAGクラウドファンディング キャンペーンページ

https://shopping.nikkei.co.jp/projects/grunbag

■GRUNBAGの特徴

(1)エコロジー

アップサイクル生地や部材を活用(代表的な廃棄素材)

アップサイクル生地素材 イメージ

1. メインとなるのがこの素材。ヨーロピアントラックに使用されるカバーや屋外用テントの防水シートを加工する際に出る、焼却処分される予定だった切れ端を利用してさまざまなサイズのカバンに変身させています。

2. 車の中で安全を確保するシートベルトは、強度がありながらも肌触りの良い最高の素材!肩ストラップやベルト部分として新しい命を吹き込みます。どんなに使い込んでも消耗しにくいのが特徴。

3. 2015年、デンマーク法務局からリサイクルプラスチックから留め具をカスタマイズして製作する助成を受けられるようになりました。それからリサイクルのナイロン製のものに切り替え、100%アップサイクルバックの制作に一歩前進しました。開閉部分などに使用されます。

(2)クリエイティブ

創設者デザイナーでもあるHelen Leegaard(ヘレン レーガード)は、捨ててしまう物、不必要になった物にも価値があると考え、この廃棄予定だった物を使いエコロジーな製品の開発を決意しました。

画像1

(3)サステイナブルBag

本来捨てられるべき素材を生まれ変わらせ、廃棄物の山の中から丈夫で明るい色の素材を見つけ、その素材をアップサイクル。日常的に使えるカバンを作ったことが、この「GRUNBAG(グリュンバック)」の始まりです。

GRUNBAG イメージ_1

GRUNBAGクラウドファンディングキャンペーン商品紹介

「未来ショッピング」限定販売及び先行販売の魅力的な製品がお得にラインナップ!

●GRUNBAGの主力ラインでもあるBackpackのAlden Backpack

GRUNBAG イメージ_2

GRUNBAG イメージ_3

●「未来ショッピング」クラウドファンディング限定カラー

キャンペーン割引最大35%、「未来ショッピング」のご支援者限定でお得なキャンペーンを実施中。

詳細は下記ページをご確認ください。

■クラウドファンディングキャンペーン概要

NIKKEI STYLE 未来ショッピング

実施期間:2021年3月1日(月)~2021年4月12日(月)

▼GRUNBAGクラウドファンディング キャンペーンページ

https://shopping.nikkei.co.jp/projects/grunbag

GRUNBAG公式サイト  : https://www.grunbag.jp/

GRUNBAG公式Facebook : https://www.facebook.com/grunbag.japan/

GRUNBAG公式Instagram: https://www.instagram.com/grunbagjp/

GRUNBAG公式LINE   : https://page.line.me/938wfgts

※GRUNBAGの正式表記は「U」の上にウムラウト