株式会社Smart Lab(本社:東京都千代田区、代表取締役:酒井 康光、以下:当社)は、ウェルネスなライフスタイル実現の一環として「腸内フローラの多様性」の重要性を提唱している一般社団法人スマートライフ協会と共同で、2021年10月よりモニター調査を行うことに致しました。

ルルミルク写真

 一般社団法人スマートライフ協会が実施する「腸活美肌ルミナコイド」ダイエットプログラムのモニター調査に、当社が開発した、「ルミナコイド健康食品・Lulumilk(ルルミルク)」の無償提供と、腸内細菌叢検査費用を負担し、共同モニター調査に参加します。

 当社は、商品開発段階で医師ら59名を対象とした「ルミナコイド健康食品・Lulumilk(ルルミルク)」の試飲アンケート調査を実施しており、排便回数の増加、快便実感効果などが既に得られています。

排便回数図

快便効果図

肌質図

継続意向図

実施期間:2020年10月10日~2021年2月28日

調査対象:医療関係者 59名(医師58名・看護師1名)

調査  :メリックスコンサルタンツ株式会社

 また、成人男女合計32名によるダブルブラインドテストにより肌保湿量の改善効果も確認しており、「肌質を改善するための組成物及び肌質の改善方法」(出願番号:特願2021-123116)の特許出願済みで、この他マウスを使った実験も実施中です。

皮膚水分含有量図

実験方法:ダブルブラインドテスト

測定機器:Courage+Khazaka(ドイツ)社製Corneometer CM825

     (型番:CM825MP)

測定部位:顔の眉間上の額中央部。皮膚表面から約15μm(主に角層)に含まれる

     「水分量」を各10回測定し、各部位毎の平均値を算出した。

測定方法:恒温恒湿室内(24℃,30%Rh)においては

     成人32名を被験者として行った。

     30分以上暴露した状態で待機後、測定を開始した。

測定期間:2021年5月1日から順次28日間後を測定。

     それぞれ午前10~12時の時間帯で行った。

美肌関連菌比率図

 また、「ルミナコイド健康食品・Lulumilk(ルルミルク)」を56週間飲用した被験者4名の腸内細菌叢検査(SheepMedical株式会社)結果では、全員の「美肌に関連するビタミン合成菌や表皮ブドウ球菌の仲間の増加」などが見られています。

 今回の一般社団法人スマートライフ協会が実施する「腸活美肌ルミナコイド」ダイエットプログラムでは、モニター数を増やした、更なる研究成果が期待されることから、Lulumilk(ルルミルク)の提供と腸内細菌叢検査費用を負担し共同で実施することにしました。

■ルミナコイド健康食品・Lulumilk(ルルミルク)の特徴

 「Lulumilk(ルルミルク)」は、腸内常在菌が代謝する短鎖脂肪酸をより多く、効率的に生み出すよう設計した、全く新しい腸活・健康食品です。

 従来の腸活サプリメントの多くが、乳酸菌や酪酸菌などを直接摂取するプロバイオティクスを主としたもので、これらだけでは、腸内で短鎖脂肪酸が多く生み出されないことから、短鎖脂肪酸を産生する原料となるルミナコイド(=腸内常在菌が「必要としている栄養」)を積極的に摂取することを狙った粉末健康食品です。そのため、お湯や水で溶かす他、コーヒーやスープ、プロテインに混ぜて飲用することも、スイーツや料理に使用して摂取することもできます。

 既に、ルルミルクを使った食パンなども販売されています。無添加食品なので、子供から年配の方まで安心して摂取することができます。

ルルミルクの特徴と使用例写真

ルルミルクの詳細: https://www.smartlab.jp/products

■株式会社Smart Lab(スマートラボ)概要

 株式会社Smart Labは、美容と健康の本質を根本から考え、腸内常在菌の多様性維持に不可欠な「ルミナコイド」をテーマとした「研究開発・教育・課題解決型製品・サービス」を通じ、人々のウェルネスなライフスタイルへの「行動変容」を促す事業を展開しています。エビデンスに基づく食の知識普及・講習、保育園や学校での講演・研修、カフェやベーカリーショップの商品開発・広告・販売促進、医療機関のマーケティング活動支援などを手掛けています。

商号 : 株式会社Smart Lab

所在地: 〒1020074 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F

代表 : 代表取締役 酒井 康光

電話 : 03-3833-3354(受付時間:土日祝日を除く平日 9:00-17:00)

E-mail: info@smartlab.jp

Web  : https://www.smartlab.jp/