全国青年司法書士協議会(所在地:東京都新宿区、会長:阿部 健太郎)は、司法書士による無料電話相談会「全国一斉 子どものための養育費相談会」を9月25日(土)に開催いたします。

わが国における「子どもの相対的貧困率」は13.5%に上っており(2019年国民生活基礎調査)、子どもがいる現役世帯のうち大人が1人の世帯の相対的貧困率は48.1%となっています(同)。さらに母子世帯において、「養育費の取り決めをしている世帯」は、約43%に過ぎず、「養育費を現在も受給している世帯」は24%という低い数値となっており(平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果)、養育費に関するこのような状況が子どもの貧困を助長しているといえます。

特に新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、離婚母子家庭等の生活困窮には拍車がかかっており、養育費の支払いを確保することは喫緊の課題であるとともに、子どもの成長と家計の安定という長期的視点からも大変重要です。一方で、経済的困窮等により支払い困難となった義務者の相談に応じることで、継続的な任意履行の道を探ることもまた、現下の社会情勢からみて必要です。非監護親が親の責任としての養育費の支払いを全うし、子どもがそれを認識することで、非監護親と子どもの繋がりができ、面会交流の実施にも良い影響を及ぼします。

さらに令和3年5月1日に全面施行された改正民事執行法による財産開示手続きや第三者からの情報取得手続きなど、養育費に関する強制執行の方策強化に伴う相談需要の増加が予想されます。取り決めたものの未払いが続き苦しい生活を余儀なくされていた監護親に、養育費支払いの道が開けるかもしれません。

そこで、全国各地において養育費に関する問題で苦しんでいる方々に対し、司法書士として取り得る法的手続の案内等の支援を行うため、標記相談会を実施することといたしました。

◆日時  :令和3年9月25日(土)10:00~16:00

◆電話番号:0120-567-301(全国統一フリーダイヤル)

◆相談料 :無料

◆相談例 :養育費の取り決めをしたが、支払われない・・・

      養育費の減額(増額)請求をされたが、どうすればよいのか・・・

      離婚を考えているが、養育費の取り決め方がわからない・・・

      家庭裁判所に提出する書類の書き方がわからない・・・

      相手の財産(給与・預貯金など)を差し押さえたい。

◆主催  :全国青年司法書士協議会

【団体概要】

名称  : 全国青年司法書士協議会

代表者 : 会長 阿部 健太郎

所在地 : 〒160-0004 東京都新宿区四谷2丁目8番地 岡本ビル505号

設立  : 1970年2月1日

目的  : 全国青年司法書士協議会は、法律家職能としての使命を自覚する

      青年司法書士の緊密な連携を図り、市民の権利擁護および

      法制度の発展に努め、もって社会正義の実現に寄与することを

      目的とする。

URL   : http://www.zenseishi.com/

Facebook: https://www.facebook.com/zenseishi

当協議会は、子どものための様々な問題解決に全力で取り組んでいくとともに、今後も市民の権利擁護推進のための事業に積極的に取り組んでいきます。