2020年2月に福岡・東京の2都市で開催

コニカミノルタプラネタリウム株式会社(本社:東京都豊島区、社長:持田啓介、以下 コニカミノルタ) は、満天の星々の下での音楽ライブ体験をより多くの方々に楽しんで頂くため、東京(プラネタリウム“天空”)と福岡(福岡市科学館ドームシアター)の2つのプラネタリウムを回る『LIVE in the DARK tour w/堂珍嘉邦』を開催します。

本ツアーでは堂珍嘉邦(CHEMISTRY)を迎え、福岡(1DAY)と東京(2DAYS)の計3日間開催し、プラネタリウムライブツアーとしては過去最大の動員人数となる予定です。

 

★『LIVE in the DARK』とは★

コニカミノルタが創り出す圧倒的にリアルな「星空」、良質な「音楽」、そして「暗闇」が共鳴する新しい音楽ライブエンターテインメント。

星々が犇(ひし)めく暗闇の中、耳を澄ませてみると、日常生活では感じることができなかった、微かな音の“表情”をしっかりと感じることができるはずです。

全天周映像演出は数多くのライブ演出を手掛ける、ビジュアルデザインスタジオ“HERE.”が担当し、星空、音楽、映像がシンクロする唯一無二のプラネタリウムライブを実現します。

プラネタリウムでしかできない音楽体験をお楽しみください。

 

★福岡・東京で開催!『LIVE in the DARK  tour w/堂珍嘉邦』★

ヴォーカル・デュオ“CHEMISTRY”のメンバーとしてデビューし、その圧倒的な歌唱力と表現力で業界内外から絶大な支持を集めるアーティスト・堂珍嘉邦を迎え『LIVE in the DARK tour』を開催します。

過去2回、プラネタリウム“天空”にて開催した堂珍嘉邦出演の『LIVE in the DARK』(東京公演のみ)のチケットは、両日とも販売と同時に即ソールドアウトを記録しました。今回はプラネタリウム“天空”(押上・東京会場)に加え、福岡市の協力の下、福岡市科学館ドームシアター(六本松・福岡会場)での公演も決定し、2都市を回るプラネタリウム・ライブツアーとして開催します。

 堂珍嘉邦が『LIVE in the DARK tour』に合わせた選曲を行い、プラネタリウムならではのセットリストをお届けする予定です。

           

【チケット販売に関して】

・2019年10月6日(日)午前10時~10月12日(土)23時59分の期間、堂珍嘉邦オフィシャルファンクラブサイト「Drunkboat」を通じ先行抽選販売を行います。

https://dohchin.jp/

※オフィシャルファンクラブ先行抽選販売で当選された方はチケット代の他、別途500円(一席当たり)の先行チャージ料が必要です。

 

・10月26日(土)午前10時~下記『LIVE in the DARK』特設サイトを通じ各プレイガイドで一般販売を開始します。

https://planetarium.konicaminolta.jp/tenku/livedark/#yoshikunidochin

※サイトに記載されている注意事項を必ずご確認の上、チケット抽選申込/購入をして下さい。

※予定枚数に達し次第販売を終了します。

 

●2020/2/14(金)『LIVE in the DARK  tour w/堂珍嘉邦』福岡公演 概要●

★日程:2020年2月14日(金)

★時間:1st Stage 18:00開演(17:30開場) / 2nd Stage 20:00開演(19:30開場)

★料金:一般シート:8,000円(税込) / 一般シートB:7,000円(税込)

※福岡会場に『三日月シート』はありません。

※『一般シートB』はプラネタリウム機器の真後ろのエリアのためステージ(アーティスト)が見えづらい場合があります。

★場所:福岡市科学館6階 ドームシアター(プラネタリウム)

★主催:福岡市科学館

 

●2020/2/20(木)・21(金)『LIVE in the DARK  tour w/堂珍嘉邦』東京公演 概要●

★日程:2020年2月20日(木)・2月21日(金)

★時間:1st Stage 19:30開演(19:00開場) / 2nd Stage 21:30開演(21:00開場)

★料金:三日月シート:18,000円(税込) ※二名掛け・各回3席限定 

    一般シート:8,000円(税込)

※『三日月シート』は一枚のチケット料金に大人二名様分の鑑賞料金を含んでいます。

★場所:コニカミノルタプラネタリウム“天空” in東京スカイツリータウン(R)

★主催:コニカミノルタプラネタリウム“天空”

 

※増税に伴い、先の堂珍嘉邦の同公演とは金額が異なっておりますのでご注意ください。

※約1時間の公演予定です。

※イベントの性質上、小学生以下のお客様はご入場いただけません。

※東京公演会場のある東京ソラマチの閉館は23:00、福岡公演会場である福岡市科学館の閉館は21:30です。イベント終了後はそれまでにご退館ください。

 

【注意事項】

※本イベントはプラネタリウム施設で星空、映像、音楽をお楽しみいただくイベントです。演出の都合上又は、ドームの座席配置の関係でステージ(アーティスト)が見えにくい場合がございます。

※中央後方のお席(特に福岡会場の一般シートBエリア)は、プラネタリウム機器の関係でステージが見えにくくなっておりますが、星空・ドーム演出は一番見やすいエリアとなっております。チケット購入前に必ず下記「特設サイト」をご確認ください。

※本イベントはプラネタリウムという会場の特性上、様々な制限を設けさせていただいております。必ず、下記「特設サイト」に記載されている注意事項を確認の上、チケット購入をして下さい。

https://planetarium.konicaminolta.jp/tenku/livedark/

 

●堂珍嘉邦(どうちんよしくに) プロフィール●

2001年、ヴォーカル・デュオ“CHEMISTRY”としてデビュー。

2012年からソロ・アーティストとして活動を開始。自身の音楽を“耽美エント(耽美+アンビエント)Rock”と命名し2013年デビューアルバム「OUT THE BOX」をリリース。2014年にはセカンドアルバム「Bronze Caravan」、2015年にはコミック「義風堂々!!」とタッグを組んだシングル「Halo」「You&I」、アルバム「VOWS」をリリースした。

最新作は名曲「How I love you So」含むシングル「BIRDY」となり新作が待望されている。

一方で、映画「醒めながら見る夢」で主演を務め、宮本亜門氏演出のミュージカル「ヴェローナの二紳士」、ロックミュージカル「RENT」に出演する等、多方面での活動で注目を集めている。

2019年春  沈黙の艦隊 のかわぐちかいじ氏による累計350万部突破のベストセラーコミックを映画した「空母いぶき」に出演。

現在は再始動したヴォーカル・デュオ“CHEMISTRY”として初のオリジナルアルバム『CHEMISTRY』を2019年9月25日にリリース、同年10月5日より全国23ヶ所24公演の全国ツアー“CHEMISTRY LIVE TOUR 2019 「CHEMISTRY~Still Walking~」”を敢行、2020年にはミュージカル『アナスタシア』への出演も決定している。

 

●株式会社HERE.(ヒア)●

代表土井昌徳。

プロジェクションマッピングやVR360°ドームパノラマ映像の制作に特化した少数精鋭のビジュアルデザインスタジオ。プロジェクションマッピングでは、百貨店の常設やホテル、アーティストのライブ等、大規模案件の実績も多数。時代を捉えた演出と高い技術に裏付けられた良質なコンテンツ提供に定評がある。また、次世代のVR ドームシアター向け素材販売サイト「Shout!360」も運営、動画制作に役立つTipsも連載中。

【Shout!360詳細 www.shout360.xyz】