兵庫県立美術館、東京ステーションギャラリーと読売新聞社は、『ハリー・ポッターと賢者の石』の日本での出版20周年を記念し、イギリス・大英図書館史上最大の成功を収めた展覧会「ハリー・ポッターと魔法の歴史」を、2020年9月から2021年2月にかけて開催いたします。

 現代のファンタジー文学として、20年にわたり世界的な人気を誇るハリー・ポッターシリーズ。その物語の背景にはイギリスをはじめ世界各国に古くから伝わる魔法や呪文、占いなどがあります。

 科学が発達していなかった時代、薬草による治療や占星術による占いは魔法のように考えられており、かつての書物をひも解くと、そこには当時の人々が信じた魔法や魔術の記録が残されています。

 本展では、ロンドン・大英図書館が誇るコレクションから、ハリーが通ったホグワーツ魔法学校のカリキュラムに沿って、薬学、錬金術、天文学、フェニックスやドラゴンといった想像上の動物などにまつわる貴重な資料を選び抜き、紹介します。また、J.K.ローリング自身が所有する直筆原稿やスケッチも展示します。
 なお、本展は、大英図書館が2017年に企画・開催した展覧会“Harry Potter: A History of Magic”の国際巡回展で、昨年のニューヨーク・ヒストリカル・ソサエティに続き、日本での開催が決定しました。大英図書館の大規模な展覧会が日本に巡回するのは初めてであり、その充実したコレクションの一端をご覧いただける絶好の機会となるでしょう。
 詳細は2019年12月以降に発表する予定です。

▼大英図書館 文化・教育部長 ジェイミー・アンドリュースからのコメント

 この度、ロンドンとニューヨークで好評を博した展覧会「ハリー・ポッターと魔法の歴史」を、兵庫県立美術館、東京ステーションギャラリー、読売新聞社とともに来年開催するに至り、この魔法のような展覧会の魅力をお届けすることができることを大変嬉しく思います。 
 大英図書館史上最も盛大な成功を収めた展覧会として、所蔵品から選び抜かれた、魔法にまつわる驚くべき品々を是非お楽しみいただければ幸いです。

▼大英図書館について
 イギリスの国立図書館である大英図書館(British Library)は、世界で最も優れた研究図書館の一つです。その所蔵品は、学術、ビジネス、科学など幅広い分野を包括的に網羅し、世界最大規模の資料へのアクセスを提供しています。
 250年以上をかけて収集されてきたコレクションは1億5000万点に上り、いずれも有史以来のさまざまな時代の文明を代表する資料です。書籍だけでなく、地図や写真、音声データに至るまで、記録媒体の形態を問わずコレクションとして収蔵・保存されています。

 

【展覧会概要】
名称:ハリー・ポッターと魔法の歴史
会場・会期:
兵庫県立美術館 2020年9月5日(土)~11月8日(日)
東京ステーションギャラリー 2020年11月21日(土)~2021年2月7日(日)
展覧会公式ウェブサイト:https://www.harry-potter-a-history-of-magic.jp
※スマートホンでご覧いただく際にエラーが出る方は、下記の手順でサイトをご確認ください。
①「この接続ではプライバシーが保護されません」、「接続はプライベートではありません」などの表示が出る場合は「詳細設定」または「詳細を表示」を選択いただき、「URLにアクセスする」、「このWebサイトを閲覧」などの動作を選択してください。
②本サイトは、https://historyofmagic.jp/ からもご覧いただけます。