スポーツマックスは現地日時12月4日、書籍「SPORTMAX」の出版を祝したカクテルパーティーをロンドンのメゾン・アスリーヌで開催しました。本書籍はスポーツマックス50周年を記念してアスリーヌ(Assouline)出版のレジェンド・コレクションの一部として発表されました。過去の関連アーカイブ画像を多数用いながら50年の歴史を振り返りかえるエクスクルーシブな1冊です。
 

 

 

 1971FW アーカイブルック 1971FW アーカイブルック

1976FW JC・カステルバジャックによるスケッチ1976FW JC・カステルバジャックによるスケッチ

1991FW広告イメージ1991FW広告イメージ

パーティーにはマックスマーラ ファッショングループのリテールディレクターを務めるマリア・ジュリア・プレツィオーゾ・マラモッティホストの元下、スポーツマックス ファッションディレクターのグラツィア・マラゴーリ、書籍の編集を務めたオリヴィエ・サイヤール、論評を担当したルーク・レイッチ、英国の女優ローラ・ハドックらが参加し出版を祝しました。

左:マリア・ジュリア・プレツィオーゾ・マラモッティ、右:オリヴィエ・サイヤール左:マリア・ジュリア・プレツィオーゾ・マラモッティ、右:オリヴィエ・サイヤール

 

グラツィア・マラゴーリグラツィア・マラゴーリ

ルーク・レイッチルーク・レイッチ

ローラ・ハドックローラ・ハドック

日時:2019年12月4日(水)
場所:メゾン・アスリーヌ(ロンドン)
ゲスト:マリア・ジュリア・プレツィオーゾ・マラモッティ*、ジョルジョ・グイドッティ、グラツィア・マラゴーリ*、オリヴィエ・ サイヤール、ルーク・レイッチ、エリン・オコナー*、アメリア・ウィンザー*、ローラ・ハドック*、タニア・ファレス、 ドイナ・チオバヌ*、ザ・トリプレッツ*、カーラ・グラー、ヴァージニア・ヴェイツ、アナ・ヴィティエロ*、ベッティーナ・ ルーニー*、リアン・エリオット・ヤング*, イリーナ・ラキチェヴィッチ、アマンダ・マーフィー*、エレン・ フランシス・ギボンズ*、ゾーイ・ジマー*、レオ&ミア・フェンウィック、ハンナ・ラセク*、 マルティナ・モンダドーリ、マリー・ルイーズ・シオー、フィオナ・ジェーン(会場のDJ担当)*
* Sportmaxを着用
SNS:@SPORTMAX
#sportmax
#SportmaxAnniversary

SPORTMAXについて:ブランド創設以来50年の間に、創造力豊かな多くのスタイルやイメージの 専門家たちの手により、SPORTMAXの歴史が構築されてきました。ブランドの歴史の中で活躍した多くの才能の持ち主たちのまとめ役を果たしたのが、アキーレ・マラモッティでした。人間観察の才能に長け、常に 時代の一歩先をいきながら、社会の変化を的確に解釈できる人物であったマラモッティは、1951年にMax Maraを設立後、1969年にSPORTMAXを立ち上げる前からすでに、女性のさまざまなシェイプやニーズに合わせて商品を多様化するというアイデアを温めていました。SPORTMAXは、ブランドを身に 着けている女性を高め、称賛する、フェミニンで、詩的で、そして現代的な新しいテーラリングを提供すると いう目的をもって、豊かな伝統を築いてきました。ブランドを特徴付けるアイコニックなガーメントは、ドレス(ボディを意識した流れるような形状と熟練したテーラリングが光るアーキテクチャをもち、あらゆるタイプの ボディシェイプに対応し、美しさや女性らしさを高めます)、アウターウェア(毎年、マテリアルとシェイプの あっと驚くコンビネーションを提供します)、テーラードトレンチコート、レザーウェア、そしてもちろんニットウェアなど、いずれのアイテムも、無限の可能性を秘めたスペシャルなパターンや仕上げが施されています。

書籍「SPORTMAX」について:SPORTMAXは、高級書籍出版社アスリーヌ社のエクスクルーシブな一冊により、50年以上にわたるその歴史を振り返ります。同出版社の「レジェンド・コレクション」の一部 として出版される同書は、オリヴィエ・サイヤールが編集を、ルーク・レイッチが論評を担当。画像をふんだんにちりばめた同書は、1969年に起業家精神にあふれたアキーレ・マラモッティが設立した同ブランドの歴史を詳しく解説します。社会や文化が激動した画期的な革命の最中に、「スウィンギング・ロンドン」と称され、 当時の若者文化の震源地であったロンドンのストリートに集う若者たちを目の当たりにしたマラモッティは、SPORTMAの立ち上げを決定。イタリアブランドとしては初めて、この国が誇る高品質とサヴォアフェールを 決して見失うことなく、トレンドを生み出すスタイルを集めたコレクションを創造することにより、コーディネート されたワードローブを提案したのです。創業以来50年の間に、創造力豊かな多くのスタイルやイメージの 専門家たちの手により、ブランドの歴史が構築されてきました。つまり、ブランドの成功は、個々人のスタイ リストによるものというよりはむしろ、チームワークの結果なのです。これまでのブランドの歴史の中でデザイナーとのコラボレーションについてはっきりと明言されてこなかった背景には、こうした理由があります。とはいうものの、 ナンニ・ストラーダ、ジャン・シャルル・ドゥ・カステルバジャック、ギー・ポーランなど数多くの著名なデザイナーたち、また、サラ・ムーンやピーター・リンドバーグから、デヴィッド・シムズやクレイグ・マクディーンまで、数多くの著名なフォトグラファーたちが、ブランドが掲げる美学や国際的なビジョンを定義するうえで大いに貢献してきました。

書籍に関する情報:
SPORTMAX
序⽂とキュレーション:オリヴィエ・サイヤール
テキスト:ルーク・レイッチ
表紙写真:デヴィッド・シムズ、FW2018、モデル:キキ・ウィレムス
出版元:アスリーヌ | レジェンド・コレクション |www.assouline.com
11 x 14 in – 28 x 35 cm | 256 ページ | イラスト数: 228 | ハードカバー( 豪華なスリップケース
⼊り) | ISBN: 9781614288541 | $195 – €195 – £150
発売: 2019 年12 ⽉より世界各地のアスリーヌストアならびにオンライン(www.assouline.com)、
⼀部のコンセプトストアにて発売予定