日本の語れるものだけを販売するブランド「ファクトリエ」から、今年の寒い冬を楽々乗り越えられそうな、驚くほどあたたかい特許製法のもふもふルームソックスが発売開始。
発熱素材「ソーラータッチ」とファクトリエでも大人気のもちはだと同じ特許製法の起毛技術というダブルのあったか技術が足元を冷えから守ってくれます。
真冬でもぬくぬくできるあったかルームソックスで、足元の冷えとさようならできます。

真冬でもぬくぬくできるあったか靴下登場!
足元の冷えとさようなら!

いよいよ寒い季節が到来。
おうちにいても、どんどん冷えて冷たくなっていく足元。
フローリングの床が冷たくて、靴下を何枚も重ねたり、でもそれでも寒い。なんていうこともしばしばではないでしょうか。
でもそんな心配を払拭する靴下が登場しました。

ふわふわの生地はまるで毛布に包まれているかのような暖かさ。
一度履いたら手放せなくなりそうです。

 

このルームソックスがなんでこんなにあたたかいのか調査!

そのワケは、発熱素材である「ソーラータッチ」を採用していることと、特許技術の起毛というWあったかパワーがあるからなのです。
それぞれについて少しだけ詳しく説明します。

あったかい理由1:特許製法の起毛技術でできる、Wの空気層があたたかい!

 

なんといっても欠かせないのは、特許製法の起毛技術。
靴下を裏返すと、長い毛足のふわっふわの起毛が見えます。
この起毛こそ、暖かさの秘密。

生地を編むと、編み目はループ状になります。
通常の起毛だと、ループ状の糸を針でひっかいて毛羽立たせるためループが切れてしまうのですが、「もちはだ・ワシオ式起毛」は違います。

 

写真もNG、門外不出の企業秘密というその製法
特殊ブラシを用いてループ状に編まれている糸の表面の繊維だけをふわっと起毛させているのです。
これにより、糸のループを切ることなく起毛させることができるので、糸ループ内の空気層と、長くふんわりした起毛部分にできるループ上部の空気層という「2つの空気層」が外気を遮断してくれるため保温性が抜群なんです。

あったかい理由2:発熱素材「ソーラータッチ」を採用

太陽や人体から放射される赤外線を熱エネルギーに変換させ、繊維そのものが発熱するという「ソーラタッチ」と呼ばれる発熱素材をプラスしました。
そうすることで、起毛部分に蓄えた空気層が暖かくなり、足元の冷えからしっかりと守ってくれるのです。

特許だから、起毛につきもののあの不安も無し!〜毛が抜けないかテストしてみた!〜

起毛というと、誰もが不安になるのが、「毛が抜けるんじゃないの?」ということ。
確かに起毛したセーターなどを着たときに、抜けた毛で毛だらけになってしまったという経験は少なからずあることと思います。

ですが、この特許技術で作った起毛は、そんな心配もしなくて大丈夫です。

起毛生地には掟破りのテストをしてみました
透明のテープを生地に何度かペタペタと貼り付けた後の写真がこちら。
が、糸がついていないのがわかるかと思います。

これだけ長い、しかもふわっふわの起毛なのに、ダンボールを閉める用の透明テープに毛がつかないとは驚きではないでしょうか。

実験の様子はこちら

 

<サイズフリーで2種類登場>

この驚くほどあたたかい、しかも毛が抜けないルームソックス。
さらに驚きなのが、サイズフリーということ。
種類は2種類、2色展開。
 

もちはだソーラータッチアンクレット
 カラー:ロイヤルブルー、ロイヤルブルー
 サイズ:ユニセックス、フリーサイズ

 

もちはだソーラータッチハイソックス
 カラー:ロイヤルブルー、ロイヤルブルー
 サイズ:ユニセックス、フリーサイズ
(写真右)

もちはだ シリーズはこちら
http://bit.ly/2RAAMLh

特許製法のもふもふのあったかルームソックスがあれば、今年の冬の足元はあたたかく乗り切れそうです。